1/17(日)
3.9
中潮

釣りバカたちの釣果レポート「特派員が行く!!」もっと見る

TOPICS

厳寒期ながら山陰では尺アジが狙える大アジが上がっています。 前期に比べると今年は青物全体が低調で大型アジも少ないながら、年間を通してみると、この時期が最も大型アジのキャッチ率が高いことは間違いなし♪ ▼瀬戸内では山口県周防大島の南東部の各漁港でのライトカゴ釣りにアジ20-24cmが20匹前後。 サビキ釣りも良いですがサシエにオキアミ生や冷凍シラウオがオススメ。 ▼上関室津漁港周辺でのカゴ、サビキ釣りにアジ20-23cmが5-15匹。 昼間でも釣果がありますがサイズが落ちます、夕方16時~21時頃までが食いがいいです。 アジングも夕刻からのナイトゲーム。0.8-1.5号のキャロライナリグや2g前後のジグ単でワームは2inストレートのクリアとグローの使い分け。 ▼山口県萩漁港、大井浦、越ヶ浜でのサビキ釣りやカゴ釣りにアジ20-30cmが2-20匹。 夕方に大型の回遊がありますが釣れる時間が短いので、夕方は手返し良く釣るのがコツ。 ▼山口県長門市川尻、油谷地区ではアジングに23-25が10匹前後釣れる中、稀に35cm級のギガアジも回遊中。 エサ釣りでは日中でも18-20cm級がコンスタントにヒット中。

もっと読む

釣果ニュース

広島市内近郊でも楽しめる冬のカレイ釣り。 山陰では肉厚の大型も上がりました。潮が大きい今週~週末は狙い時。 ▼広島市元宇品周辺での投げ釣りにカレイ25-30が1-2枚。 エサは青虫、本虫のミックス掛け。コンパクトロッドでのチョイ投げでも釣れています。 ▼安芸郡坂ベイサイド~小屋浦海岸で20-30が1-5枚。エサ取りはほとんどいません。 エサも本虫、青虫のMIX掛けで目立たせるのが釣果UPのコツ。 ▼廿日市地御前、大野日立建機裏などの大野瀬戸一帯では20-32が1-3枚。 朝イチよりも陽が上がった満潮前後にアタリが集中しています。 今週は満潮が昼前後なので、朝マズメと昼過ぎ2回チャンスがありそうです。 ▼島根県浜田港では30、32、36の良型カレイが3枚の釣果。エサは青虫の房掛け。 漁港回りでは船の往来も多いので仕掛け管理には気を配りましょう。

もっと読む
docomo スマートフォンをご利用の方
会員登録
会員ログイン

もっと見る