12/19(水)
11.8
中潮

釣りバカたちの釣果レポート「特派員が行く!!」もっと見る

TOPICS

瀬戸内山陰で中アジ好調。山陰や四国では30センチ級の大型も混じり、寒さも吹き飛ぶほど熱中するアングラー急増中↑エサ釣りのみならずアジングでも順調に釣れています。 ▼広島県の大芝島ではカゴサビキ釣りに25センチ級のアジが10匹前後!大崎下島でのカゴ釣りに25-30センチが20匹前後、20センチ前後を入れれば50匹以上の大漁もありました。エサはマキエにアミエビ、サシエサにはオキアミ生。 ▼山口県周防大島の外入、沖家室、小泊でのカゴサビキ釣りにアジ20-23センチが20-30匹!同型のグレや、30センチ前後のウマヅラハギも混じります。 ▼山口県柳井市神代、熊毛郡上関港では25-27センチが5-7匹。18-20センチ級は30匹前後。夜、アジングで夜光カラーが効果的。キャロリグで底付近を探ると良い良型のチャンスも上がるようです。 ▼島根県松江市の恵曇港、鳥取県境港市中野では27-30センチまでが3-5匹混じりで、平均20センチが30匹前後!早朝や夕方の時間帯に良型の回遊があります。夜釣りでは防寒対策だけでなく、ライフジャケットを着用し安全対策も万全に整えて釣行ください。

もっと読む

釣果ニュース

サワラは漢字で「鰆」と書きますが、美味しい時期は産卵期前の脂がのった冬でしょう♪ イワシを中心とした小魚を追って瀬戸内&山陰でサゴシサイズが再び釣果上昇中↑ ▼サワラの旬ですが関西では「春」。関東では「冬」と言われています。たくさん獲れる時期なのか、うま味が増す時期なのか、旬のとらえ方も地域によって様々です。 ▼山口県周防大島~岩国周辺で引き続きサワラ70-90センチが回遊中。ジグも重たいジグではなく、30-40gの軽めなジグを使うのがコツ。ジグミノーなど水面下1m~5mをできるだけギラギラと見せつけられるルアーがオススメ。 ▼広島県蒲刈島~とびしま海道沿線でも60センチ級のサゴシが3-5本上がっています。ベイトが寄っている朝マズメが断然狙い目、陽が高くなるとベイトも沖に離れてしまいます。 ▼日本海側では山口県長門市の仙崎港~青海島の仙崎湾、油谷湾、下関市の角島周辺でも60センチ級のサゴシが1-3本。鳥取県境港でも2-4本の釣果。外海がシケてカタクチイワシが湾内やワンドに逃げ込んできている時がチャンス。この時期は大きな群れではないのでナブラが出ずとも、ベイトの下を狙ってみましょう♪

もっと読む
ソフトバンク・ワイモバイル スマートフォンをご利用の方
会員登録
会員ログイン

もっと見る