6/17(月)
13.7
大潮

釣りバカたちの釣果レポート「特派員が行く!!」もっと見る

TOPICS

釣り魚種増える初夏到来♪天気の良い週末はお仲間、ご家族でのんびりサビキ釣りはいかがですか?小イワシ、アジ、メバルが瀬戸内各地でヒット中↑ ▼瀬戸内で良型メバルの釣果が伸びています。メバル釣りは冬のターゲットのイメージがありますがこの季節もチャンス。夏になる前の梅雨時期に釣れるメバルは、ベイトフィッシュをたくさん食べ行動範囲も広く、体力もありパワフルなファイトが魅力。 ▼広島県倉橋島の鹿島周辺や蒲刈島~とびしま海道でメバル20-25センチが3-10匹の釣果。夜釣り。エサ釣りならばエサは青虫。ルアーならば3g~5gのメタルジグがオススメ。 ▼周防大島の日向泊、沖家室ではメバルやアジ20センチ前後が小型ジグやミノーに10匹前後。潮流が速い瀬戸部では夕方、早朝は水面を泳ぐ2-3センチ前後のジャコを捕食し、3-5センチのトップやシンキングペンシルなどで連続ヒットも期待大。 ▼また小イワシは広島湾奥の坂ベイサイドビーチ~廿日市各所、島しょ部では西能美で上がっています。朝と夕方の満潮時が狙い目です。小イワシはいればすぐ釣れるの30分程度マキエをして釣れないようならば釣り場を変えた方が良いでしょう。

もっと読む

釣果ニュース

今年の春アオリは昨年以上の好調ぶりが続き、まだまだ2キロ級のオスが上がるなど怒涛のラッシュが続いています。 ▼今週は真夏のような日差しかと思えば、強風と大雨で不安定な天気が続いており、各地の表層水温は先週比較では下がっている地域があります。また、大型河川が近い湾奥の釣り場では淡水流入により水深が多少濁り、水質が赤褐色に見える地域もありますが、水深5m前後の水温変化は大きくなく、大きくコンディションが崩れているということはなさそうです。 ▼悪天候もあり先週は好調だった瀬戸内アオリも今週は少し低調。しまなみ海道やとびしま海道、上関長島など風裏となる釣り場で1キロ前後が1-2ハイにとどまりました。 ▼一方、山陰側は引き続き好調。山口県下関市、長門市油谷では500g~2.4キロまでが3名で13バイの釣果。ラン&ガンと回遊のタイミングがうまく合えば大型が連発します。特にフィッシングプレッシャーの少ない地磯や沖磯では当りが続いています。 ▼島根県浜田市沖磯でも1キロ前後が1人平均2ハイ釣れ続けています。概要に面する沖堤防からはアオリのみならず胴長15-20センチのケンサキイカもお目見え。

もっと読む
docomo スマートフォンをご利用の方
会員登録
会員ログイン

もっと見る