1/19(金)
2.0
大潮

釣りバカたちの釣果レポート「特派員が行く!!」もっと見る

TOPICS

■今年も山口県・島根県の山陰海岸にヤリイカ接岸!シーズン初期で型も良く胴長40cmクラスの大型も★やまなみ街道の開通により広島市内からもアクセスしやすくなった島根県東部の島根半島一帯がねらい目。出雲市の十六島湾一帯~松江市恵雲港などで胴長20-40cmが5-10パイ!夜釣りで電気ウキによるエサ巻きテーラー仕掛け。エサは鶏のササミや冷凍サヨリ。 ▼島根県大田市の温泉津や浜田市の各波止場では同サイズが5ハイ前後!ここ数日は海況が悪く外海での釣果はなく、風裏となる漁港の波止場(内側)なででも釣れており、天候が回復して外波止や磯場に立てる状況になればさらに釣果も期待できます。 ▼一方で山口県下関市~長門市では今季のヤリイカの回遊は少ない傾向にあります。例年であれば先月12月から釣果が聞かれはじめるのですが、今季は遅れに遅れている感があります。ただ、今週の若潮で群れの接岸など変化に期待したいところです。

もっと読む

釣果ニュース

■瀬戸内冬の釣魚では代表格のカレイ釣り♪チョイ投げでも良型ヒット中★ 広島県、山口県、岡山県、愛媛県、香川県の瀬戸内に面する各県でも水温が低下してきていますが、広島湾ではまだ14度~15度と平年に比べると高めに推移している状況で、エサ取りもまだまだ多く、地域よってはキスやカワハギといった嬉しいゲストのヒットも楽しめています。 ▼広島市内近郊では宇品や廿日市~大野瀬戸が人気。宇品では30cmまでが1-2枚!早朝のタイミングにヒットすることが多い。餌は本虫や青虫のミックス掛けで目立たせるのが良い。廿日市~大野瀬戸では満潮からの下げ潮の動き出しなど、「潮」の変化するときがチャンス。比較的、エサ取りもまだ多いので餌や仕掛けの予備は多めに用意しておくことをおすすめします。大野瀬戸では潮の流れによりアオサが流れて、エサに引っかかってしまうとカレイのヒット率が落ちるので、マメに仕掛けを引いて、海藻などが引っかかってないか、仕掛けの重みを確認するのも釣果アップのコツとなりそうです。

もっと読む
au スマートフォンをご利用の方
会員登録
会員ログイン

もっと見る