7/22(日)
9.0
若潮

釣りバカたちの釣果レポート「特派員が行く!!」もっと見る

TOPICS

話題のグルーパー(ハタ科)入門に最適な夏到来!水温が上がりエサとなるカニやエビ、そして小魚も豊富になるとグルーパー達も活発にエサを追って活動中。 ▼グルーパーフィッシングの代表格といえば「キジハタ」。幻の魚と評されたキジハタも近年の種苗生産技術の向上により、良質な種苗が生産され、各地で事業放流が行われるようになってから、狙って釣れるターゲットになりました。 ▼広島県しまなみ海道沿岸での岸釣りでは25-30センチが1-2匹。ルアーはホッグ類のワームが人気。また、夜釣りで狙うマダイ釣りの仕掛けに30-40センチのキジハタがヒットすることも珍しくありません。夜釣りが有利と言われますが、早朝4時~6時頃がベストタイム。 ▼島根県浜田市や出雲市沖の磯場のルアー釣りに30-40センチが2-3匹。 ▼山口県宇部、下関では岸壁からのルアー釣りに40センチの大型が出ました。潮通しの良い港湾部ならば意外にも身近な場所で釣れるキジハタ。山口県では30センチ未満のキジハタの採捕が禁止されておりますので注意が必要です。

もっと読む

釣果ニュース

簡単釣れる!タコ釣りハイシーズン到来です。今年の夏は自分で釣ったタコを食べて、夏バテ解消してみませんか? ▼広島県廿日市、大野小田島公園、草津港といった市内近郊の釣り場で800gまでが2-3ハイ釣れています。広島市内からちょっと足を伸ばし、能美や倉橋島、周防大島の各港をランガンすれば1日で10パイ前後は楽しめる状況です。釣り方はタコ釣り専用のタコ掛けやタコ用のエギが人気。 ▼三原市の須波、糸崎~尾道市尾道水道一帯も人気。500g前後が1-3バイ。大潮時など潮が速すぎたり、全く潮が止まっている時はタコは巣穴から出てこないため、適度に潮が流れる時間帯が狙い時。 ▼タコは群れでいることはありません、一カ所で釣れ続ける事はありませんので、歩きながら釣り場をどんどん移動して探ってみましょう。また釣ったタコを美味しく食べる下処理としてヌメリ取りを行う必要がありますが、それを簡単にかつ確実に行う方法として「丸ごと冷凍」が一番効果的。釣ったタコをそのままビニール袋に入れて、冷凍庫で凍らせ、調理する前に解凍、流水で洗えば一発でヌルヌルが取れますよ。塩モミなど一切不要。ぜひお試しください。

もっと読む
au スマートフォンをご利用の方
会員登録
会員ログイン

もっと見る